レーザー脱毛

今年こそ脱毛しよう!そんな意気込みがある方はぜひレーザー脱毛をしましょう。
脱毛には幾つかの方法があるのですが、レーザー脱毛がおすすめです。
おすすめするわけは、皮膚への痛みが少なくきれいな肌を保った状態で脱毛ができます。
脱毛の仕組みを理解すると、やっぱりレーザー脱毛だなと。

さて、早速レーザー脱毛の仕組みを見てみましょう。
その前に毛仕組みから。
毛には、毛幹と毛孔から成り立っています。
毛穴から見えてる部分が毛幹で、毛の根っこにあるのが毛孔で成長細胞がつまっています。
元々は、毛孔だけの休止期なのですがそれが成長して毛が生えてくる成長期を迎えます、しばらくすると毛が衰退して退行期を迎え、自然と抜けおちます。
この一連のサイクルが2~3か月ごとに繰り返されます。
脱毛を行うのは、成長期の時です。
この時にレーザーをあてて毛の細胞にダメージを与えることで毛の成長を弱めます。
脱毛の施術をするのが2~3か月ごとというのは、成長期にしか施術できないのでそれに合わせるということです。

レーザーはその性質より色の黒い部分に反応します、反応した部位に熱を浴びさせます。
皮膚にレーザーを当てることで、毛孔が反応し、そこに詰まっている成長細胞がダメージをくらい成長する能力を衰弱させるという仕組みになります。
他の脱毛方法に比べると皮膚への影響は少なく、痛みもさほど感じません。
また価格も一昔前に比べると安くなりましたので手軽始めることができます。